無料で簡単にダウンロード

フリーソフトと聞くと「インターネット上にある”無料ソフト(フリーソフト)”」をイメージしますね。

フリーソフトの厳密な定義は、この私たちが普通に抱くイメージとは異なっています。
しかし、ここでは「フリーソフト=無料の便利なソフト」として、その様々な種類の”フリーソフト”を考察していきましょう。

フリーソフトの種類は様々で、「無い物はない」という感じです。

dvdコピー再生書き込み作成・cdコピー再生・cad・pdf変換・mp4変換・家計簿・ベクター・圧縮再生(窓の杜)・ライティング・動画画像編集・ウィルス対策ソフト・復元リカバリー・名刺作成・mp3変換・ocr・スライドショー・電子印鑑・作曲・付箋・タイピング・エクセル・録音・工事写真・フリーソフトゲーム・麻雀・スパイウェア・ファイル復元・音楽編集・動画変換編集・地図・翻訳・将棋・囲碁・メール・在庫管理・デフラグ・データ復元・ホームページ作成・セキュリティ・会計・カレンダー・土木建築系など、数えたらキリがありません。

これら、無数のフリーソフトが無料で簡単にダウンロードできちゃうわけです。

しかも、そのどれもが高レベル・高クォリティーです。
有料ソフトとほとんど変わりないですよね。

「何で、ここまで・・・」と、いつも思ってしまいます。
感謝感激ですね。

上記ソフトは、いずれも「検索エンジン」から、見つけることが出来ます。

困ったときのフリーソフト、良い時代になりましたね。

それではご一緒に、フリーソフトについて考えていきましょう。

自由と無償のソフトウェア

フリーソフトウェアの厳密な定義とは。

フリーソフトウェア (Free Software、free software) とは、ソフトウェアのうち、フリーソフトウェア財団が提唱する自由なソフトウェアを指します。

大半のフリーソフトウェアは無償(フリー)として配布されていますが、全てのフリーソフトウェアが該当するわけではありません。

ここでいう自由と無償のソフトウェアの定義は次の通りです。

(1)自由なソフトウェア : コピー、研究、変更、配付等の扱いに関して、ほとんど、またはまったく、制限が付けられていないソフトウェアのこと。ソースコードの開示を前提とします。

(2)無償のソフトウェア : 使用するのに料金を必要としないソフトウェアのこと。多くの方のイメージはこちらだと思います。

しかし、一般に「無償のソフトウェア」は、自由なソフトウェアとして扱っていない、すなわち改造や再配布などに制限が掛かっていたり、ソースコードが開示されていないものが多いです。

「フリーソフトウェア」の厳密な定義は、「無償で利用できるソフトウェア」とは異なる概念です。
この為、「無償で利用できるソフトウェア」は、フリーウェアもしくはフリーソフトと呼ぶことが望ましいわけですね。

逆に自由なソフトウェアであれば、ソフトウェアが有償であっても「フリーソフトウェア」と呼ぶことが出来ます。
ただし、前述したように配布が自由であるため、ほとんどのフリーソフトウェアは無償で配布されているのが現状です。

英単語であるフリー (free)の意味をもう一度考えてみましょう。

フリー (free)には、「自由」と「無料」という二つの意味を持っています。
ですから、"free"だけでは「自由」と「無料」の区別は付きません。これに対して、フリーソフトウェアの概念においては、「自由」と「無料」の違いこそに大きな意味を持ちます。

このため、英語圏では、自由のfreeと、無料のfreeを区別するため、無料を示すのに「free as in "free beer"」、また、自由であることを示すのに「free as in "free speech"」などという表現がよく使われ、しっかりと区別されているのです。

英語圏だけではなく、日本でもフリーソフトウェアは二通りの意味に使われていますが、日本語で、単に"フリーソフトウェア"と表記しただけでは、一般的な意味でいう"無料のソフトウェア"か、それとも"自由なソフトウェア"か、情報が抜け落ちてしまって全く区別出来ません。

このため、この違いが重要なケースにおいては、どちらの「フリーソフトウェア」なのかを、特に示す必要があるのです。
近年の論文等では、フリーソフトウェアの厳密な区別を表記する物が目立ってきていますね。

作者は趣味や自分自身で使うため

フリーソフトのお勉強(1)

ネット上には無料で自由に利用することができるフリーソフトと呼ばれるソフトウェアが沢山存在します。
なかには、市販のソフトウェアに負けない機能をもったフリーソフトもあります。この作者は趣味や自分自身で使うために作っている人が多いようです。

ところでフリーソフトはどこから入手してくれば良いのでしょうか。
それは、フリーソフトを集めたポータルサイトである、“ベクター”や“窓の杜”といったサイトからダウンロードすることで手に入れることができます。
こういったサイトに多くのフリーソフトが登録されています。

いろいろなフリーソフトがありますが、どんなソフトが使われているのでしょう。
フリーソフトのファイルはデータ量が大きいため圧縮されて登録されています。ですから解凍ソフトがないと利用できないので、ファイル圧縮解凍ソフトが一番利用されていると思います。

人気のあるフリーソフトをまとめてみたので使ってみてください。

解凍形式22種類、圧縮形式13種類の高機能のアーカイバ「Lhaplus」。

Windowsの動作をより高速にするためのシステムカスタマイズツール「win高速化PC+」。

不要ファイルをまとめて削除できる「CCleaner」など、ここに書いたもの以外にも素晴らしいソフトがたくさんあります。

どんどん利用しましょう。なんといっても、ただですからね(^^)。

「窓の杜」や「ベクター」

フリーソフトのお勉強(2)

フリーソフトとかフリーウェアなどと呼ばれているソフトウェアは、ネット上には沢山あります。
フリーソフトとは、無償で使用できるソフトウェアのことをいいます。

作者はプログラマが趣味でやっている場合もありますし、まったくの素人の場合もあります。

このようなフリーソフトはネットのどこで手に入れられるのでしょうか。

ソフトウェアのダウンロードサイトである、「窓の杜」や「ベクター」などからダウンロードしてくることができます。また、雑誌の付録などで配布されているフリーソフトもあります。

様々なフリーソフトがあるのですか、ユーザはどういったソフトを利用しているのでしょうか。
文書作成などのワープロソフト、テキストエディタ、表計算ソフトや、画像やサウンド作成ソフト、圧縮解凍ソフトなど人気があります。
機能的にも市販のものに負けてないですからね。

最後に使えるフリーソフトの紹介です。
ファイルの圧縮、解凍を行える「+Lhacaデラックス版」。
多彩な機能でテキスト編集ができる「TeraPad」。
簡単で使いやすいFTPソフト「FFFTP」など、まだまだありますが是非使ってみてください。

市販のソフトに劣らない高機能

フリーソフトのお勉強(3)

ネット上にはタダで使えるソフトウェアがあります。
そのソフトウェアは一般的にフリーソフトやフリーウェアなどと呼ばれています。自由に使用はできるのですが、著作権はあくまでも作者にあり、許可なしに改変したり、有償配布などは禁止されています。

どこでフリーソフトを入手できるかというと、フリーソフトの作者がホームページを公開している場合はそこで配布されていたりしますが、「窓の杜」や「ベクター」などのフリーソフトのダウンロードサイトから入手するのが一般的です。

それではどのようなフリーソフトがダウンロードされているのでしょうか。

人気があるのは圧縮解凍ソフトやCD、DVDのコピー(バックアップ)ソフトなどです。
フリーソフトには様々なジャンルのソフトがあり機能も市販ソフト以上の機能をもっているものもあります。

最後に市販のソフトに劣らない高機能のフリーソフトを紹介します。

Microsoft Officeと高い互換性がある「OpenOffice.org」。
Photoshopに肩を並べるグラフィックソフト「GIMP」。
ドローソフトIllustrator並みの機能をほこる「Inkscape」。

これら高クォリティなフリーソフトが、ネット上には多数あります。

著作権はあくまでも作者

フリーソフトのお勉強(4)

フリーソフト は、無料で利用(使用)できるソフトウェアのことです。

フリーソフトの多くは、使用に制限はないのですが、著作権はあくまでも作者に帰属します。
作者から許可を得ていなければ、改造したり販売したりすることはできません。

こういったフリーソフトはダウンロードサイトに登録されていて、そこからダウンロードしてくることでフリーソフトを入手することができます。
このダウンロードサイトには有名なサイトが2つあります。それはベクターと窓の杜というサイトです。

そういったサイトでどんなフリーソフトがあるかというと、ファイル操作関連、インターネット関連、グラフィック関連、マルチメディア関連のソフトなどあります。
有りとあらゆるジャンルのソフトがありますが、圧縮解凍ソフトやダウンロードソフトなど人気があります。

ここで人気の高いマルチメディア関連のフリーソフトを紹介します。
高性能マルチメディアプレイヤー「Winamp」。
CDからMP3に簡単に変換できる「CDex」。
DVD圧縮コピーができるリッピングソフト「DVDShrink」。
仮想ディスクを読込むためのツール「Daemon Tools」など用途ごとに素敵なフリーソフトがたくさんありますよ。

一番ダウンロード回数が多いのは

フリーソフトのお勉強(5)

フリーソフトとは、主にネット上で配布されているソフトウェアのうち、無償で提供されているもののことをいいます。
しかしフリーといっても著作権を放棄しているわけではなく、作者の許可なく再配布したり商業目的で利用したりすることはでません。

こういったフリーソフトは、主に「窓の杜」や「ベクター」といったダウンロードサイトから手に入れることができます。
ダウンロードサイトには様々なジャンルのフリーソフトが数多く登録されていて自由にダウンロードし使用することができます。

では、どういったジャンルのフリーソフトがあるのでしょう。
フリーソフトには無いジャンルはないといった感じで様々なソフトが存在します。
市販のソフトの機能と引けをとらないレベルのフリーソフトもありますからね。
一番ダウンロード回数が多いのは圧縮解凍ソフトなどではないでしょうか。

ここで便利なフリーソフトを紹介するので是非、利用してみてください。
ワードやエクセルファイルなどをPDFファイルへ変換できる「瞬間PDF ZERO」。
PDFファイルを素早く閲覧できる「Foxit Reader」。
長年にわたって人気の高いダウンロードツール「Irvine」など、いろいろとあります。